PC-98にFreeBSD(98)をインストールする

今回入れたバージョンは4.11R-Rev01です。
5.x-RELEASEも十分安定しているので、特に困った点がなければ、5.xの方が良いかも知れません。


領域確保

まず、MS-DOSからFDISKでFreeBSD(98)用の領域を作ります。
今回は約4GBの領域を確保しました。
200MB程度でもインストールできると思いますが、最低このくらいはあった方がいいでしょう。
その他色々入れたいときは3GB以上あった方がいいかも。


ファイルのダウンロード

インストールに必要なファイルをftpからダウンロードします。
今回は、一度、最低限のインストールをしてから、ネットワーク経由で残りのファイルをインストールします。
ftp?.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD-PC98/4.11-RELEASE/dists/ (?は数字)から今回は次のファイルをダウンロードしました。
ダウンロード先はFAT(現在あるMS-DOSの領域)です。

  98bin     
  98readme  
  98src     
  bin       
  src       
  floppy98  
  tools98   

最低でも、bin, 98binがなくてはなりません。


インストール開始

基本的には、98readmeディレクトリにあるInstall98.txtを読みながらインストールを進めていけば、うまくいくと思います。

インストールディスクを作り、インストーラを起動します。
しばらくすると、「Kernel Configuration Menu」が出てきますが、基本的には「Skip kernel configuration ...」を選択して大丈夫です。
もし、うまくいかなければ、「Start kernel configulaton ...」を選択して、不要なデバイスを削除します。

インストールは「標準」を選択。
「HD起動メニューの選択」があるので、起動メニュー(PC-98を起動して、メモリチェックが終わった後に出るやつ)を変えたくない場合は「無視」を選択。
しかし、4.11-RELEASE(4.9や4.10も)では「無視」を選んでも起動メニューが書き換えられてしまうようです。
そんな時は、[新]まりものページにあるIPLmenuを使うと、従来のメニューに書き換えることが出来ます。


パーティションの割り当て

おそらく、インストールで最初に悩むのがパーティションの割り当てだと思います。
「ディスクラベルエディタ」で"A"を押して、自動的に分けると以下のようになりました。

wd0s1a  /        128MB  
wd0s1b  swap     178MB  
wd0s1e  /var     256MB  
wd0s1f  /tmp     256MB  
wd0s1g  /usr    3181MB  

4GBもあれば、自動割り当てでも十分だと思います。
/ はヘルプによると最低20Mは必要らしいです。
swap は搭載メモリの2倍が理想的のようなのでこのまま。
/var は色々なログ等が保存される所なので、とりあえずこのまま。
もし、ネットワークサーバにしたい場合などは /var はもっと増やすべきでしょう。
/tmp は一時的に使うもの。どれくらい使うか良く分からないので、半分の128MB に。
/usr を/tmpで空いた128MBを足して 3309MB としました。


インストール終了

パーティションの割り当てが終わったら、配布ファイルを選びます。
配布ファイルは上でダウンロードしたもの、bin, 98bin, 98srcを選びます。(srcは98srcの依存で自動的に選択される、はず)
後はファイルがコピーされていくのを待つだけです。
「おめでとうございます! 〜」というメッセージが表示されたら無事インストール完了。おめでとうございます。


初期設定

「標準」でインストールした場合、この後設定を色々尋ねられてきます。
とりあえず、分からなかったらカーソルが標準にある方(大抵はNo)を選べば大丈夫だと思います。
ただ、いくつか重要なものがあるのでそれはきちんと設定してやりましょう。

まずは「イーサネットまたはSLIP/PPPネットワークデバイスの設定を行いますか?」という設定です。
ADSL(に限らず)でインターネットをしたいので、ここでインターフェースの設定をしておきます。
Yesを選ぶと、現在のパソコンに付いているネットワークデバイス一覧が表示されると思います。
うちのRa40のLANインターフェースはIntelのものなので「fxp0」を選びます。
次に「IPv6〜」と聞かれるので、とりあえずNoを選びます。
「DHCP〜」と聞かれるので、今回はルータ経由でインターネットに接続するので、YESを選びます。
すると「ネットワークの設定」という画面になります。
ここで「ホスト:」という欄に自分のパソコンの名前を(適当に)入れます。
"foo.bar.com"のような形と書いてありますが、この形にこだわらなくても良いようです。
DHCPを利用するなら、他の項目にはすでに値が入っていると思います。
これでOKです。

いくつか質問されますが、デスクトップ用途で使うなら、たいていはNoで大丈夫でしょう。
以下の質問の時にはYesを選んで、設定しておきます。

「コンソールの機能をカスタマイズしますか?」
Yesを選ぶと、「キーマップ」と「スクリーンセーバ」の項目があるので「キーマップ」を選択。
Japanese PC-98x1 を選びます。
「スクリーンセーバ」は好きなものを選びましょう。(個人的には「ワープ」が好き)

次に「タイムゾーンの設定を今行いますか?」
Yesを選ぶと、「CMOSクロックを〜」と聞かれるのでNoを選択。
「地域」をアジア。「国」をJapan。「省略形JSTで〜」をYesでOKです。

「このマシンに non-USBマウス が接続されていますか?」
Yesを選んで、「Type」を自動、「Port」をBusMouse、「Flags」を "-3" にします。
で、「Enable」を選択して、マウスを動かしてみましょう。
動いたらYesを選択して終了。

「システムにユーザ・アカウントの初期設定を行いますか?」
ここで自分のアカウントを作っておきましょう。
「ログインID:」と「パスワード:」と「フルネーム:」を任意に入力します。
「メンバグループ」は su コマンドでrootになれるように、さらに、シャットダウンが出来るように "wheel,operator" と入力します。
あと、「ログインシェル」は "/bin/tcsh" にしておくと便利です。(好みによりますが)

最後にシステム管理者のパスワードを設定して完了です。
フロッピーディスクを抜いてリブートしましょう。



戻る
PC-9821トップへ
THLAND ホームへ