晴れ時々日記

2008年10月


2008/10/19 ()

design004 - OsaskWiki
久しぶりに「うんうん」と感心しながら読めた文章。

僕がOSASKを知ったのが確かVer4.3の頃だったけど、その時点でOSASKに対する僕の認識は超軽いOSだったわけだ。
と言うか、そもそもエミュレータOSって言うのがいまいち分からなかった(苦笑)。

僕は今でもMS-DOSを使っている。
簡易家計簿としてKKがとても使いやすいからだ。
これがあるから、今でもWindowsを起動した後にDOSプロンプトを立ち上げてKKを使っている。

で、OSASKにはまだ(僕にとっての)キラーアプリがないのだ。
kaodunは確かに面白い。ただ(他機種ではどうか分からないけど、少なくとも僕のPC-98では)移動速度が遅すぎる。
まあ、何ドットずつか飛ばして描画させるようにしたらいいのだけど。そしてそれくらいの改造なら僕にもできそうな気がするのだけど‥‥

僕は超軽いOSASKだからこそ実用的になって欲しいわけで、そのために僕が出来ることと言ったら、やはりアプリの開発をすることだろう。
僕は残念ながら技術が高くないので、キラーになるようなアプリは作れないだろう。あと、知らないことをガンガン吸収して一気に作り上げる情熱もない。
だけどただのくれくれ君になるのは意味がない。(もちろん欲しいのだけど)

だから低機能でも劣化コピーでも良いので、何かしら作ることが必要なのだ。
そのうちに僕のソフトを見て「こっちの方がはるかにマシだ」という別アプリが出てくるかもしれない。(出てこないかもしれない)
逆に僕の技術力が上がって、素敵なソフトが出来るかもしれない。(もちろん出来ないかもしれない)

‥‥何というか、話がまとめられなくなってきてしまったので、無理にまとめよう。
とにかく「プログラミング頑張ります」っていう僕の単なる自己宣言。
全然上の話からまとまっていない。(汗)

おまけ、うまくまとまったら書きたかったこと。
・もともと家庭的にあまりゲームが出来なかったから、自分でゲームを作って遊びたかった。
・今はお金があるから本当にゲームしたいならゲーム機を買えばいい。
・自分で作りたい物を作るのだ。
・TOWNSよりはX68000派。
・Windowsにソフトは沢山あるけど、OSASKはまだまだ少ない。今なら(今でも)注目されやすいだろう。現に「Paint #」は何のソフトに入っているミニゲームなの?って言うくらいシンプルだけど、反応がきて嬉しかった。
・そんな意味ではTheGame08は頑張ってみたかったのだけど。でもきちんと入賞作品が出て良かった。
・OSASKにネットワーク機能をすぐ実装して欲しいなら、「こんなに軽くて便利なメールアプリを作ったのだけど、後は通信部分を実装するだけです。何とかしてください」くらいじゃないとダメだと思う。(そしてそこまで出来る人ならその人自身でOSASKを改造する気がする)


過去の日記

2008年
1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
2007年
1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月
2006年
1月2月 3月4月 5月6月 7月8月 9月10月 11月12月